福田雄一監督が「アナザースカイ」にてコメディーへの熱き思い語る!発足は小児喘息

「コメディーの奇才」と名高い脚本家&映画監督を務める福田雄一氏(50歳)は、12/14に放送された『アナザースカイ』にて、自身のコメディーへ熱い想い話しました。

今回の撮影では、スタッフがコメディーを描き続ける理由を質問したところ。

福田氏
「希望を持ってもらえることだと思います」

と話し始めました。

というのも福田氏は子供の頃に小児ぜんそくを患っていたという。

夜呼吸ができなくて日には、あまりにも辛い思いをしてきた福田氏。

そのとき学んだ事は、病気で苦しむ方には、【笑い】が必要だということです。

そんな彼の代表作は、「50回目のファーストキス」「勇者ヨシヒコ」「今日から俺は!!」などです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

定年退職後のアルバイト!男性に人気な仕事内容まとめ

子なし夫婦

子供なし夫婦の老後の幸せ!それでも後悔は0ではない現実

NO IMAGE

ネットには面白い人だらけで好き!顔が見えないが中身人間性が溢れ出てる

これは面白い!ネットスロットで家に居ながら報酬ゲット

体力がない疲れやすい眠いが口癖でした…でも大人になったらスタミナつくから大丈夫

俺凄い

なぜ人は自分凄いアピールをしてしまうのか?検証してみた