宮崎駿ジブリ『風の谷のナウシカ』が歌舞伎に?2019年12月上演決定

スタジオジブリは、『崖の上のポニョ』や「トトロ」のような愛らしいクラシックアニメを制作する殿堂的な地位を獲得しており、アニメーションは1984年に『風の谷のナウシカ』から始まっています。

風の谷のナウシカが歌舞伎化!気になる役者や舞台詳細

宮崎駿監督が制作したシリーズの1番目の作品として登場した「風の谷のナウシカ」は、映画プロデューサーである鈴木敏夫氏の助けを借りて、アニメ化され輝きを得ました。

宮崎駿監督は、鈴木敏夫氏をプロデュースチームのメンバーとして受け入れ、映画を作成・上映しました。

30年以上もの時が経ちましたが、「風の谷のナウシカ」が2019年12月に歌舞伎の舞台に変わることを発表されました。

歌舞伎のステージでは、2015年と2018年に限定で歌舞伎化された “ワンピース”と “ナルト”という人気シリーズがありますが、

「風の谷のナウシカ」の歌舞伎は単なるエンターテインメントではなく、スタジオジブリ監督と共同創業者の宮崎駿監督による映画のための記念碑的なものです。

適応の詳細はまだ明らかにされていないが、歌舞伎の世界で最も優れた俳優の中には、2代目中村七二之が敵対者であるクシャナ王女を演じ、菊之助がナウシカを演じることになっています。

他の出演者には、二代目尾上松也も含まれる模様です。

黙示録的な世界の中で有毒な森(腐海)と戦っている、風の谷の若いグライダー飛行姫ナウシカの壮大な冒険は、それが巨大に設定されている多くのドラマ、アクションでいっぱいです!

歌舞伎ステージでもヒットすること間違いなしです。

新作歌舞伎舞台「風の谷のナウシカ」は、2019年12月、ナルトやワンピースの歌舞伎が公開された東京新橋吹奏楽劇場で上演されます。

スタジオジブリが最初に始まったストーリーは「風の谷のナウシカ」だったように、今後ジブリの多くの歌舞伎プロダクションを先駆けるインパクトある舞台になることを期待します。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

みんながカメラマンとは

みんながカメラマンとはなに?TV局にスクープ映像を売り込みで報酬はどうなる

無印クレジットカードMUJI!無職や専業主婦でも審査に落ちないか検証してみた

定年退職後のアルバイト!男性に人気な仕事内容まとめ

NO IMAGE

外国人労働者の訪問介護職に新たな制限とは?2019年【入国管理難民認定法】

体力がない疲れやすい眠いが口癖でした…でも大人になったらスタミナつくから大丈夫

また彼女を泣かせちゃった

彼女を泣かせたら!別れという嫌な想像と不安が押し寄せる