データグリッドのアイドル自動生成AI!新技術でこれからの時代は2次元女性が活躍か

京都拠点のスタートアップ起業『データグリッド』は、5ヶ月前に研究の成果を紹介するビデオを掲示し、これが大きな騒動となりました。

彼らは、甘い笑顔とリアルな頬を持つ新鮮な女性アイドルの映像を公開します、しかしAKB48などの3次元の女子とは異なり、映像内のアイドルは完全にコンピュータのデータバンクから生成されているのです。

アイドル自動生成AIの新技術が認められる日は遠くない

ビデオが公開されてから数ヶ月経ちますが、データグリッドのGAN(生成された敵対的ネットワーク)を使って作成された奇妙なアイドルの女の子へ関心は高まり続け、多くの注目を集めています。

AIの機械学習技術を使って、 既存のアイドル画像を安定的に流し、独立して特徴をもっともよく表しているのかを分析しています。

アイドルエッセンスを意識して、その本質に応じて顔を作っているようです。

このAIによって作成された女の子は間違いなく可愛いくて、有望なアイドルの前線に立っていてもおかしくありません。

 

しかし、なぜ?

 

わざわざAIを作るのか?

スポンサーリンク

 
データグリッドのCEO岡田侑貴は、

「2017年に京都大学ベンチャーインキュベーションセンター(KUVIC)が設立されて以来、イメージ、デザイン、音楽など、貴重なコンテンツを生み出す創造的なAIを開発する考えがありました。人々はデザイナーやクリエイターによる絵画や派手なキャッチフレーズのようなクリエイティブな作業は絶対に人間によって行われなければならないと考えていますが、実際には独自のコンテンツを作ることができるAIを作成して創造力をキックスタートさせています」

このように語っています。

これまでに行われたほとんどのAI作業は、データの認識やトレンドの予測に関するものであり、AIの開発はほとんど行われていませんでした。

データグリッドでは、AIを使用しコンテンツを作成することで、人間とAIが協力して、新しい刺激的な創造物を生み出すでしょう。

社会が何らかのコンセンサスを得るために、偽のアイドルの存在は依然として理解に追いつけない人も多いかもしれませんが、未来の可能性を見せてくれる素晴らしいアイディアと感じます。

 

「彼女らは年を取らず、スキャンダルに陥ることもなく、いつでもどこでも働かせることができます。じゃあなぜ、すべてのアイドルをAI化しないのか?」

「最初は何が起こっているのか分からなかったが、今はきれいだと思う」

このような認識も時期当たり前となる日が来るでしょう。

 

岡田氏が挙げる潜在的なプロジェクトのリストは、コンピュータ支援の創造性を高めるための欲求を喚起している。

アニメーションの円滑さはAIの助けを借りて補うことができ、まもなくコンピュータがより多くのかわいいアニメの女子を生み出して、人々を楽しませることになります。

オリジナルのイメージと音楽とは何か?それは本当に非現実的なものになるでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アパートの住み心地

新築木造アパートの住み心地を調査!やはり寒い?防音シートは必要?

リサイクルショップに危機せまる?フリマアプリメルカリに対抗するには

会社の飲み会が苦痛…疲れる嫌い行きたくない!断る方法は1つだけ

2階がうるさい

防音RC物件に引っ越したのに…上の階の足音や生活音がうるさかった話

人口甘味料をスクープ

人口甘味料は口に残るあの感じが嫌!安全か危険かは種類で見分ける

初めての飛行機

初めてのジェットスター国内線!自動チェックインの使い方から着陸まで