外国人労働者の訪問介護職に新たな制限とは?2019年【入国管理難民認定法】

来年4月に施行される改正された入国管理難民認定法では、介護事業の外国人労働者は、高齢者が施設内で食事や入浴をするのを補助するなどの補助的役割を担い、基本的に在宅介護サービスを提供していない方向性であることが分かりました。

訪問介護サービスの制限

訪問介護サービスの制限は、政府が外国人労働者を受け入れようとしている14の計画された事業分野において、最も多くの労働者を受け入れます。

業務指示には、外国人労働者を受け入れるためのビジネス分野、2019年度から5年間にどのくらいの人が雇用されるか、仕事の内容、雇用の状況、各分野に日本語能力が必要な分野が含まれます。

政府の考案では、5年間で14事業分野で最大345,150人の外国人労働者が受け入れられると推定されている。

国会に提出した見積もりと同じ数字である。

介護事業には最大6万人の外国人労働者が受け入れられます。

外国人労働者は、4月に導入する新たなカテゴリーを1居住地として、基本的な技術スキルと日本語能力を必要とするため、介護施設での作業は高齢者の入浴、食事、排泄の支援に集中します。

ただし、日本人が外国人労働者を受け入れる国との経済連携協定に基づき、高度な技能と日本語能力を有する外国人介護労働者は在宅介護に従事することが認められる。

外国人介護労働者を支援と熟練した役割に分ける動きは、海外の人材を有効に活用することを目的としているという。

スポンサーリンク

宿泊事業について

一方、宿泊事業は、外国人労働者にフロントデスクの受付、顧客サービス、レストラン業務を依頼する計画だ。

この分野では最大22,000人の労働者が受け入れられます。

政府は、2020年の東京オリンピックとパラリンピックのために日本を訪れる外国人観光客が非常に多く、外国人は幅広い業種で働くことを期待している。

農業分野の外国人労働者は、製品の選定や出荷、栽培管理の責任を負うことが予想されます。

工事現場においては、彼らは型枠や石膏作業を行います。

外国人労働者は、現在の日本語能力試験のN4レベルに相当する日本語能力を取得する必要があります。

これは、試験の難易度5レベル中2番目に低いレベルです。

政府は、各事業分野の運営方針、新制度運営の基本方針、年末までに外国人との共存のための包括的な措置を決定する予定である。

包括的な措置の草案には、多言語の書面による運転免許試験の提供、地方の病院への医療通訳の派遣など、日常生活の支援が含まれる。

政府は3つの草案を早ければ月曜日に自民党と公明党に提出し、本格的な議論を開始する予定だ。

入国管理と難民認定法の改正

12月8日に制定された改正法は、来年4月1日に特定の技能を持つ新しい居住地を創設し、シンプルな仕事を含むビジネスで外国人労働者を受け入れます。

在留資格には2つのカテゴリーがあります。

1つ目のカテゴリーは、比較的シンプルなスキルを必要とする専門職の労働者に適用され、5年まで日本に居住することができます。

2つ目のカテゴリは、高度に熟練した労働者に適用され、家族を連れて日本に永住することを可能にします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高齢者の運転をやめさせたい!交通事故は減っているのにお年寄りの事故率は年々増加

人間関係

人間関係は面倒だし疲れる!辛いくらいなら気にしないのが1番

誘いや頼みを断れない人はストレス溜めすぎ!断ることの重要性

NO IMAGE

ヒカルぷろたんラファエル3人がチーム組んだ!トリオ名前は「ぷろルル」?

3年A組カワイイ

3年A組今から皆さんは人質ですキャストの女子男子高校生が可愛い件

AIロボットから電話が鳴りました

AIから電話がかかってきた!オペレーターまでロボット化する近未来