大阪のコンビニのトイレに拳銃の置忘れ!20代警官の凡ミス

公衆トイレ

12月15日(土)
大阪のコンビニエンスストアのトイレに、警察官の拳銃と思われる置忘れが発見されました!スタッフによって後で取り出された。

20代の巡査は午前7時10分ごろに勤務中にトイレを使いましたが、出てきたときに銃を残していました。

帯革と呼ばれる、拳銃ホルダー付きのベルトを外したまま、忘れて出てきたらしい…

回収後の検査では、特に使用された形跡は見つかったそうです。

 

にしても、なんともおっちょこちょいな話である。

 

店員は約20分後に銃を見つけ、近隣の米国総領事館で勤務していた別の警官に報告した。

大阪府警事務所の藤井常夫調査官は、「慎重に対応することで、事故防止に努める」と述べた。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

また彼女を泣かせちゃった

彼女を泣かせたら!別れという嫌な想像と不安が押し寄せる

NO IMAGE

外国人労働者の訪問介護職に新たな制限とは?2019年【入国管理難民認定法】

NO IMAGE

アベンジャーズインフィニティ・ウォーの特殊効果・エフェクトに注目した動画が公開!

定年退職後のアルバイト!男性に人気な仕事内容まとめ

アパートの住み心地

新築木造アパートの住み心地を調査!やはり寒い?防音シートは必要?

距離や顔が近い女性の心理とは?男が勘違いする3つの行動