大阪のコンビニのトイレに拳銃の置忘れ!20代警官の凡ミス

公衆トイレ

12月15日(土)
大阪のコンビニエンスストアのトイレに、警察官の拳銃と思われる置忘れが発見されました!スタッフによって後で取り出された。

20代の巡査は午前7時10分ごろに勤務中にトイレを使いましたが、出てきたときに銃を残していました。

帯革と呼ばれる、拳銃ホルダー付きのベルトを外したまま、忘れて出てきたらしい…

回収後の検査では、特に使用された形跡は見つかったそうです。

 

にしても、なんともおっちょこちょいな話である。

 

店員は約20分後に銃を見つけ、近隣の米国総領事館で勤務していた別の警官に報告した。

大阪府警事務所の藤井常夫調査官は、「慎重に対応することで、事故防止に努める」と述べた。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

これ以上やせないで

痩せたがる女性とそれを見守る男の温度差は想像以上…

福岡は外国人と出会いが多い!交流や友達作りで集まるなら「こくさいひろば」

同棲しても結婚しない!いやいや結婚前提でしょ!あなたはどっち派?

ガミガミ怒ったリュウ坊

いつも怒っている人は病気なの?すぐ怒る心理とは

氷の写真

氷菓の大御所「サクレ」が酷暑の影響で売り切れ?一時販売中止に

60歳定年後の生活について!お金・趣味・夫婦に友達!老後の人生を本気出して考えて...