学歴コンプレックス解決のために30代で大学院へ!修士学位を取得

学位コンプレックス
うっちゃんさん

うっちゃん 50代後半 愛知県

57歳の、現在、専業主婦をしている女性です。

大学を出ていない、ということがずっとコンプレックスでした。

大したことではない、そう思われる人もいるかもしれませんが、私にとっては、自己肯定感をかなり低くするものでした。

それを解決した経験についてお話します。

大卒じゃないと嫌…私の学歴コンプレックス

小学校の頃は、ずっとクラス委員をするくらい、まわりからはしっかりしていると言われ続け。

よくできる子供といった評価を受け、それは私にとってとても心地よいものでした。

中学受験をして国立中学に進み、その後県内有数の進学校の高校に進学をしたのですが、高校に入り家庭的な問題もあって、かなり荒れている時期がありました。

ほぼ全員といっていいくらいの人が、大学に進学をする高校でしたが、私は専門学校に進学しました。

その一つの理由は国立大学には進学することが難しく、県外私立大学への進学は認めてもらえなかった、ということです。

そこから、ずっと私の学歴コンプレックスが始まりました。

中学・高校の同窓会には、まず顔を出すのはいやでしたし、自分は、だめな人間なのだ、という思いを強くしました。

同窓会にも引き継がれる過去の学歴

もっともつらかったのは、中学の同窓会に出席をしたときのことです。

中学の同級生は東京大学に進学した、とか医師だ、とかもしくは有名女子大学に進学しエリートと結婚をした、といった話ばかり。

で、あなた、何をしているの?

と言われるのがとてもつらく、専門学校を卒業して、普通に仕事をしている。

ということを言ったら、変な顔を一瞬され、その後、話を変えられる、という状況でした。

高校の同窓会であっても、同じ状況でした。

一番いやだな、と思ったのは、自分は大した大学も出ていないのに、大卒だ。

そして、自分の結婚した相手は、こういう肩書のある人だ、といった人が、見下した反応をすることでした。

スポンサーリンク

30過ぎてからの決断と行動!修士の学位を取得

30歳を過ぎて、自分のお金で、まずは通信制の大学に通学しました。

ただ、所詮通信制の大学でして、自分のコンプレックスの解消にはなりませんでした。

そこで、考えたのは、大学卒業の資格を持って、大学院に入学をしようということでした。

大学卒業からさらに数年かかりましたが、大学院に進学をしました。

このころは、すでに、お金も貯めていましたので、仕事はいったん退職をしての進学です。

大学の先生からは、かなり冷たい仕打ちも受けましたけど、

なにくそ!という思いで、修士の学位をとりました。

その学位をもって、さらに転職をして、社会的地位のあるポストに就きました。

そこから、努力をして、収入もアップさせることができました。

結局のところ、学歴コンプレックスでしたので、学位が私をコンプレックスから救ってくれた、ということです。

まとめ

私の場合、悩んだ原因が明確でしたので、それに対する対応方法も明確でした。

また、自分自身の力で解決のできることでしたし、そのパワーも残っていました。

その人その人で悩んでいる状況が違い、参考になるか分かりませんが、少しでも悩んでいる方が楽になられることを願っています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

冷えすぎて眠れない

産後からの冷え症で眠れない毎日だるい!ホットヨガと漢方のW対策

金なし男

言われる人の身にもなって!お金を貸してと言うしつこい人の心理状態と断り方【体験談...

ママ友は金カリさん

子供を通じて知り会ったママ友から度々、借金の申し込みがありました。

25年間彼氏ナシ

25年間彼氏ができず、そのことを話すことが恥ずかしく悩んでいました。

NO IMAGE

日本語分かりますか?と客に嫌味を言われた!超腹立つ!接客業辞めたい

NO IMAGE

会社を辞めて転職するとき「次はどこいくの?」と聞かれたんだが…つい嘘を