田舎のコンビニで働くのは大変きつい!時給700円代の労働から抜けられない

田舎のコンビニ店員はつらいよ

ステイシーさん
ステイシー 20代後半男性

田舎のコンビニで働くフリータ-毒男です。

コンビニで働いたことがある人は分かると思いますが、バイト内容は時給700円代とは信じがたいくらいの肉体労働ッス。

ちなみに私は自給”740円”このていどの価値しかありやせん。

コンビニの仕事きついのに時給740円って泣けてくる

私は産まれも育ち共に佐賀県です。

大学時代を東京で暮らし、そのままアルバイトで東京に居続けました。

夢は小説家になることでしたが、30を手前に、そろそろ手に職つけるなり就職するなりせんとアカン思いました。

3ヶ月前に、故郷である佐賀県にUターンしました。

とりあえず就活中のツナギとして入った、実家から徒歩3分のコンビニで、人生初の時給740円で今日も働いております。

都会よりも忙しい田舎のコンビニ

実は大学時代、都内のコンビニで2年間バイトしていた経験があります。

その当時の時給は日勤で950円、しかも忙しい時間帯は朝と昼がピークで、バイトメンバーも同世代のおもろい人ばっかで、ゆる~いのにキチンと稼いでいました。

ところがどっこいです、地元のド田舎コンビニとたら、周辺に何も商業施設がないせいか、ここぞとばかりに客の流動が収まりません。

そんな一息もつけない状態で、発注やら鮮度チェックやら納品やら、、、追い込まれます。

とにかく都会のコンビニによりも忙しいのに、時給はたったの740円って自分が悲しくなります。

自分よりも遥か年下の、地元のちょっとヤンチャ青年グループにも鼻でこき使われて。

毎日屈辱です。

スポンサーリンク

肉体労働も接客もしない仕事(デスクワーク)へ転職

職歴なしのアラサー男が、田舎で就職先を見つけるのは、思っていた以上に難しいと気づきました。

コンビニで働くことの何が不満かと言いますと。

“時給と労働量が見合っていない”

“変な客に下に見られて辛い”

この2つです。

能力の低いアルバイトだからな、時給が低いのはしょうがあるまい。

でも、地元ヤンチャグループに上から目線で色々言われるのだけは本当に嫌だった。

就職先は決まってないけど、ここらでツナギであるバイトの転職をすることにしました。

行き先は、、、

初めてのオフィスワークです。

求人を見ていると、田舎の方が事務所費用が浮くからという理由で、IT企業が続々とオフィスを構えているではないか。

求人内容も“未経験OK”“簡単なデータ入力作業”と言う感じで、私にもできそうだった。

こちらの時給も700円代と低いけれども、

「コンビニでバイトしています。」

っていうよりも。

「IT企業で働いています。」

の方が格好がつきますよね。

正社員登用制度でそのまま就職

面接に行ったのは1週間前。

仕事内容は、パンフレットなどの紙媒体の記事を、PCでテキスト入力したり。

顧客とチャットで相談を受け付ける、カスタマーサービスなど。

タイピングができれば問題なくスタート出来るとのこと。

しかも正社員登用制度もあるので、長く勤めていけば、いつかは正規雇用も現実に起こりえるって。

先週行ってきた面接を終えて。

もう頭の中はIT企業の一員となった私です。

明日からもコンビニ店員は続く

「採用なら1週間後に連絡を差し上げます」

そう言われたのが、ちょうど今からさかのぼって7日前。。

ってオイ!!

田舎のコンビニバイト、時給740円生活から抜け出せないじゃんか。

田舎に帰ってこなきゃ良かった。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

金なし男

言われる人の身にもなって!お金を貸してと言うしつこい人の心理状態と断り方【体験談...

履歴書でとんでもない誤字をしてしまって面接官にネタにされた話

上司との折り合いに悩んだ半年間。解決の決め手は彼女の後押し「転職」でした。

銀行のキャッシュカードに入金できない彼女…コンビニでチャージしようとした

仕事できない人生

仕事ができない男の生き方は辛いよ!情けない自分をどうするか

NO IMAGE

会社を辞めて転職するとき「次はどこいくの?」と聞かれたんだが…つい嘘を